通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Digital8

辞書:電算用語の基礎知識 技術製品名編 (TTPROD)
読み:ディジタルエイト
外語:Digital8 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

Hi8のビデオテープにDV方式(民生用ディジタルVTR仕様)と同等の品質の画像と音声をディジタル記録する規格。1999(平成11)年3月1日発売のビデオカメラ "DCR-TRV310K" と "DCR-TRV110K" が初の対応機種。Hi8のビデオフォーマットとは互換性が無い。

Hi8テープにDV方式とほぼ同一のフォーマットで画像をディジタル記録するためDVとほぼ同等の画質を実現できる。但しテープ上のトラックの取り方は違っている。DVは1フレームを10トラックで記録していて、各トラックは1/4インチ(6.35mm)幅のテープに縦1トラックずつ配置されているが、Digital8方式では8mm幅のテープに縦2トラック分を配置し、5トラックで1フレームを記録する。

またドラムの回転数を通常のHi8の2.5倍(4500rpm)、テープ速度を通常のHi8の倍(28.666mm/秒)とする。これにより録画時間は1/2となり、120分テープなら60分の録画が可能になる。

テープはHi8用のものを使い、塗布型でも蒸着型でも使用できる。テープ速度高速化に伴う信頼性についてはMiniDVと同程度を確保しているとされている。Hi8のテープの価格はMiniDVと比べ1/2〜1/3とあり、ランニングコストの安さを特徴とする。

スペックは水平解像度約500本、サンプリング周波数13.5MHz、量子化ビット数8ビット、再生色帯域約1.5MHz、映像転送レート約25Mbps、音声記録16/12ビットPCM、ドラム回転数4,500rpm、テープ速度28.666[mm/s]、トラックピッチ16.34µm、ドラム径40mm。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.02 (21-Aug-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club