通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

HiFD

辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・物理編 (TTDISKP)
読み:ハイエフディー
外語:HiFD: High Capacity Floppy Disk 英語
品詞:名詞
1997/10/15 作成
2008/07/08 更新

3.5インチフロッピーディスク上位互換の大容量ディスクメディアの一つ。

目次

1997(平成9)年にソニーと富士写真フイルムが開発し、発表した

直径86.0mmの超薄層塗布型メタル(ATOMM)ディスク(UFP)を使用し、フォーマット時で両面200Mバイトの容量を持つ。

最大転送速度3.6Mバイト/秒(3Mバイト/cBeat)と、他の対抗商品(ZipSuperDiskUHCなど)と比較しても圧倒的に高速かつ大容量である(但しあくまで理論値であり、使うインターフェイスの上限などの制限もある)。

その他の仕様は最大線記録密度が72〜91kビット/インチ(2.83〜3.58kビット/mm)、トラック密度が2822トラック/インチ(111トラック/mm)、回転数が3600rpmとなっている。

発表当時は話題になったものの、ついに普及することなく、2000(平成12)年にあえなく製造中止、撤退となってしまった。

用語の所属
フロッピーディスク
関連する技術
SuperDisk
UHC
Zip
it

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club