通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

Zip

辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・物理編 (TTDISKP)
読み:ジップ
外語:Zip 英語
品詞:商品名
1995/08/01 作成
2011/04/07 更新

アイオメガ(Iomega)社の開発した、独自のリバームブルディスク媒体の一つ。

仕様

磁気ディスクであるが、従来のフロッピーディスクとは非互換である。

メディア裏の左上部分に鏡が付いていて、3.5インチフロッピーディスクが挿入されても誤認識しないようになっている。

Zip 100MB 表
Zip 100MB 表
Zip 100MB 裏
Zip 100MB 裏

技術

メタルテープと同じ富士写真フイルム(現・富士フイルム)のATOMM技術を用い、3.7インチ(9.40cm)の大きさで100Mバイトの記憶容量が得られる。

1998(平成10)年末には後継の250Mバイトの容量を持つもの、2002(平成14)年9月には750Mバイトの容量を持つものも発表されている。

100Mバイトのものは、最大線記録密度46Kビット/インチ、トラック密度2118トラック/インチ、回転数2945rpmとなっている。

人気

発表当初、リムーバブルメディアとしては価格が安く、当時のハードディスクドライブ並(最大転送速度は1.4Mバイト/秒(1Mバイト/cBeat))の速度が得られた。

また、BIOSが対応していればフロッピーディスクのように起動ディスク(ブートメディア)として利用できるなどの利点があったため、海外で売れすぎて日本発売が遅れたという逸話もある。

採用例

電子楽器の世界ではフロッピーディスクドライブの代わりにZipドライブを内蔵したものも登場し、パーソナルコンピューターでもリムーバブルメディアにZipの使用が推奨されていた時期があった。

しかし当時の日本では、パーソナルコンピューター向けとしてはMOが充分に普及していたため、なかなか売れなかった。そして時代は流れ、リムーバブルメディアの主流はCD-R/RW、そしてDVD-R/RWへと移り変わっていった。

またちょっとしたデータの移動はUSBメモリーが利用されるようになったため、Zipがリムーバブルディスクに与えた貢献度は高かったものの、製品としては滅び行く運命にある。

現状

日本国内では、既にZipドライブは販売終了であり、中古品等以外の入手は出来ない。

媒体も、富士写真フイルム(現・富士フイルム)は2005(平成17)年9月12日に在庫限りで販売終了と案内しており、既に製造・販売はされていない。店頭在庫や中古品などを探す必要がある。

ライトプロテクト

フロッピーディスクとは異なりライトプロテクトノッチが無く、代わりにソフトウェアでライトプロテクトの設定を行なう。

このために、すぐにライトプロテクトの設定ができなかったりするなど、不便な点も多い。

用語の所属
ディスク
磁気ディスク
ZIP
関連する用語
PocketZip
ORB
ATOMM
SuperDisk
UHC
HiFD
it

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club