通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

IBM語

辞書:電算用語の基礎知識 計算機スラング編 (TZYOGO)
読み:アイビーエムご
品詞:名詞
2000/01/07 作成
2008/04/13 更新

日本IBM日本語製品を開発するにあたって使用していた、不思議な日本語のこと。

目次

日本語において、カタカナの存在は外来語のスムーズな取り込みに一役も二役も買っているが、何でもカタカナのままの「あまり日本語になってない語」を誘発してしまう問題もある。

特にコンピューター用語はこの傾向が強く、当然改善が望まれている。

例えば、「Microsoft Windowsプラットフォームで動作するアプリケーションのコンパチビリティを保つためのビルド管理」。わけが分からない。

だからといって、何でも日本語訳を実際に行動に移し間違えると、「IBM語」と呼ばれてしまい、結局普及しない。

例えば、キーボード→鍵盤装置、3.5インチフロッピーディスクドライブ3.5型駆動機構。やっぱりわけが分からない。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club