通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Internet Explorer 8

辞書:電算用語の基礎知識 ネットアプリ編 (PNAPLNU)
読み:インターネット・エクスプローラー・はち
外語:IE8: Internet Explorer 8 英語
品詞:商品名
2010/10/07 作成
2016/01/07 更新

Microsoftの開発したWebブラウザーInternet Explorerのバージョン8のこと。

2009(平成21)年3月20日に公開された。

ActiveXであるWebブラウザーコントロールを用意し、それを利用するためのクライアントとして提供された。

Windows XP以降で安定動作する。

沿革

  • 2009(平成21)年3月20日: 公開
  • 2016(平成28)年1月12日(米国時間): サポートの終了

仕様

レンダリングエンジンTridentのバージョンは、Trident 4.0である。

  • 機能
    • 互換表示モード (IE6以前のページの表示に対応するため)
    • Webスライス (RSSの拡張版のようなもの)
    • アクセラレータ (画面内簡易検索機能などの提供)
    • Ajaxの機能拡張
    • 検索ボックスの予測候補などの機能強化
    • 64ビットダウンロード (4Giバイトを超えるファイルのダウンロード)
    • おすすめサイト
    • タブグループ
    • アドオン機能
    • JavaScript高速化
    • 開発者向けの新しいスクリプティングAPI
  • 見た目
    • img要素のalt属性がツールチップとして表示されないようになった
    • PNGアルファチャンネルへの対応
    • ズーム機能の強化
    • ドメインハイライト
  • 標準化
    • HTML 4.01のデフォルト表示の標準化
    • CSS2.1対応の標準化
  • セキュリティ
    • ActiveXの機能強化
    • 保護モードの機能強化
    • InPrivate機能
    • SmartScreen

この版からWindowsと完全に分離したソフトウェアとなり、アンインストールが可能になった。

User-Agent名

Windows 7

この他、必要に応じて.NET CLRなどのトークンが追加されることがある。

  • 32ビット

    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; Trident/4.0)

  • 64ビットで32ビット版

    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/4.0)

  • 64ビット

    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; Win64; x64; Trident/4.0)

Windows Vista

この他、必要に応じて.NET CLRなどのトークンが追加されることがある。

  • 32ビット

    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0)

  • 64ビットで32ビット版

    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; WOW64; Trident/4.0)

  • 64ビット

    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Win64; x64; Trident/4.0)

Windows XP/Server 2003

この他、必要に応じて.NET CLRなどのトークンが追加されることがある。

  • 32ビット

    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0)

  • 64ビットで32ビット版

    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.2; WOW64; Trident/4.0)

  • 64ビット

    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.2; Win64; x64; Trident/4.0)

標準化

かつてより、Webドキュメントの発達を妨げるといわれてきたIE独自の拡張や標準から逸脱した実装などは鳴りを潜め、IE7からの標準準拠方針を推し進めている。

IE7では不十分だったCSSの属性やセレクタにも対応し、IEとしては初のAcid2合格を果たした。

この版でCSS2.1とHTML 4.01のデフォルト表示などは、標準準拠した他のブラウザ(Mozilla FirefoxGoogle Chromeなど)とほぼ変わりない表示が可能となった。

また、標準的レンダリングだとレイアウトが崩れてしまう恐れのある古いIE向けに作られたHTMLは、DOCTYPE宣言などから判断して自動的に互換モードで表示するようになっている。

バグの改善など

IE7での多くのバグが改善されている。

JavaScriptの実行速度は確かに速くなったが、依然としてブラウザがフリーズしてしまうなどの症状も見られ、改善の余地がある。

将来的な懸念

IE9発表によってIE8はHTML5CSS3などの次世代規格に未対応のままとなった。

問題はIE9がWindows Vistaからの対応であることで、サポート終了後も多く残るWindows XPユーザーはIE8のまま新標準から取り残されることとなった(他のブラウザーを使わなかった場合)。

せっかく標準準拠したにも関わらず、このブラウザーのせいでまた新たなWebドキュメントの停滞が引き起こされる可能性が指摘されていた。

これに対するMicrosoftの回答は、Windows XPのサポートを終了させる、という強権発動だった。

なお、IE8のサポートは2016(平成28)年1月12日で打ち切られる。

用語の所属
Webブラウザー
Internet Explorer
Trident
関連する用語
Microsoft

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club