通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Java EE

辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング用語編 (PTPROGY)
読み:ジャバ・イーイー
外語:Java EE: Java Platform, Enterprise Edition 英語
品詞:固有名詞
2000/02/23 作成
2013/09/21 更新

サーバー分野向けJava技術仕様であり、標準であるJava SEの拡張仕様として設計されている。

1999(平成11)年6月にサンフランシスコで開催されたJavaOneにおいて発表された。

電子商取引など、Webアプリケーションの開発ために設計されたもので、この分野でのJava技術の標準化が目指されたものだった。

Javaバージョン1.2から1.5までは「J2EE」と呼ばれ、1.6以降は「Java EE」となった。

技術

J2EEやJava EEの中には、次のような技術が含まれる。

普及

電子商取引の普及に従い、Webサーバー上での受発注取引システムなどの開発・運用における標準化が望まれていた中に登場した、Javaにおける基準の一つである。

この対抗製品としては Microsoftの独自仕様の技術群があり、激しい競争を繰り広げたが、最終的にはどちらも衰退した。

衰退後

最終的には、Javaは衰退した。

熾烈な競争の末、Webサーバー側のWebアプリケーションとして生き残ったものは、PerlPythonPHPRubyなどのスクリプト言語だった。サーバー側のJava EEは、スクリプト言語の前に完敗した。

Java EEと対で使われる、クライアント側のJava SE需要も、JavaScriptとそれを用いたAjax、あるいはAdobe Flashなどが主流となり、そして新たにFlashの代わりとして登場するHTML5も普及の見込みである。この状況下、クライアント側のJava(Java SE)もほぼ壊滅している。

用語の所属
Java
関連する用語
Java ME
Java SE

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club