通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Ruby

辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング言語編 (PTPROGN)
読み:ルビー
外語:Ruby 英語
品詞:固有名詞
1999/06/13 作成
2014/11/30 更新

オブジェクト指向プログラミング言語(スクリプト言語)のひとつ。Perlなどの代用として、日本のまつもとゆきひろ(通称Matz)により開発された、(外国から見れば)ガラパゴスな言語である。

  • 枠組み ‐ 構造化、命令型、オブジェクト指向
  • 型付け ‐ 動的型付け
  • 初出年 ‐ 1995(平成7)年
  • 設計者 ‐ まつもとゆきひろ
  • 開発者 ‐ Rubyコミュニティ
  • 最新版 ‐ 2
  • 言語影響関係
  • 主要動作環境 ‐ 様々な環境
  • ライセンス ‐ Rubyライセンス
    • デュアルライセンス (2条項BSDライセンス/Rubyライセンス) (1.9.3以降)
    • デュアルライセンス (GPLv2ライセンス/Rubyライセンス) (1.9.2以前)

Perlを非常に意識した言語で、Perlで可能なことなら大抵はできる。その上、Perlよりプログラムが暗号化しにくく、すっきり書ける、としている。

Rubyという名の語源は、Perlの次(の月の誕生石)という意味や、作者の同僚の誕生石に由来し、何らかの語の頭文字ではない。

哲学

Rubyは「楽しいプログラミング」という側面を特に重視している。

その思想の違いから同じオブジェクト指向言語であるPythonとはかなり異なり、むしろオブジェクト指向言語ではないPerlに近い感触を持っていて、更にLispに似た発想も兼ね合わせている。

しかも、そのオブジェクト指向(=なんでもオブジェクト)へのこだわりはPythonやJavaをも上回っている。

技術

言語レベルでスレッド処理を行なうため、OSの種類によらず並行処理が簡単に書ける。

なおRubyはOSレベルによるスレッド(Windowsのスレッド、あるいはpthreadなど)やfork(2)を利用せずに、あくまでインタープリター上でスレッド機能を実現している。

標準化

国産のガラパゴスな言語で、その上、仕様書的なものが何もない言語だった。つまり、実装そのものが仕様だったのである。

なぜなら、まつもとが最も苦手とするもの、それはドキュメントを書くことだったからである。まつもとは普段から「ソースがドキュメントだ。バグも完全に記述されている」と主張しているが、当然ながら誰も受け入れない。

そんな中、2011(平成23)年3月22日にJIS X 3017が規格化され、多くの人を驚嘆させた。

更に、2012(平成24)年3月31日に締め切られた国際規格承認のための最終投票の結果、国際規格ISO/IEC 30170として承認され、再び多くの人を驚嘆させた。

関連するリンク
http://www.ruby-lang.org/
用語の所属
プログラミング言語
関連する用語
オブジェクト指向
ヒアドキュメント

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club