通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

オブジェクト指向プログラミング言語

辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング言語編 (PTPROGN)
読み:オブジェクトしこう・プログラミングげんご
外語:OOPL: Object Oriented Programing Language 英語
品詞:名詞
2009/03/19 作成

オブジェクト指向プログラミングをするために必要な機能を備えたプログラミング言語。略して「OOPL」。

オブジェクト指向プログラミングであるため、オブジェクトとメソッドという形態でプログラムを組むことになり、そのような機能に対応する言語を、オブジェクト指向プログラミング言語(OOPL)という。

大規模なプログラミングに対応するものは「クラス」などの機能を有するが、クラスはOOPLの必須条件ではない。例えば、Webブラウザーで代表されるJavaScriptは、OOPLであるがクラスは無い。

OOPLは現在の主流であり、様々なものが存在する。

言語

主なOOPLの一覧。系としたものは分類であり言語名ではない。

機能

オブジェクト指向プログラミングでは、従来のそれとは事なる特徴的な機能、技術が多く存在する。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club