通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Simula-67

辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング言語編 (PTPROGN)
読み:シミュラろくじゅうなな
外語:Simula-67: SIMUlation LAnguage-67 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

ALGOLを基に開発されたシミュレーション用言語Simula-1を改良して作られた汎用プログラミング言語。単にSimulaと言った場合、一般にはSimula-67のことを指す。

プロセスを中心としたモデル構成概念によるシミュレーションを行なう、世界初のオブジェクト指向プログラミング言語

1967(昭和42)年にノルウェー計算センターがALGOL-60のサブセットに様々な拡張機能を追加し、オブジェクト、クラス、継承、動的型付けといった機能を実装して開発した。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club