通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Java ME

辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング用語編 (PTPROGY)
読み:ジャバ・エムイー
外語:Java ME: Java Platform, Micro Edition 英語
品詞:固有名詞
2000/02/23 作成
2013/09/21 更新

携帯電話機PDA、家電など、リソースの限られた組み込み向けのJavaサブセット仕様。

Javaバージョン1.2から1.5までは「J2ME」(Java 2 Platform, Micro Edition)と呼ばれていた。

Javaバージョン1.6は「Java ME 1.6」となった。

そして現在に至っている。

制限

非常にコンパクトなJava仮想計算機(KVM)を核とし、必要に応じてプロファイルと呼ばれる機能(クラス)を追加することで、メモリーやCPUパワー等の資源の限られる小型の端末でも利用できるようにした。

但し、Javaのいう「Write once, run anywhere」というコンセプトを犠牲にしている。

これは情報家電向けにJavaの軽量化を最優先したためで、非常に小さな情報家電でもJavaが動くことを実証した技術ではあるが、しかしSun Microsystems(後のOracle)自らが作り上げた100% NOT Pure Javaでもある。

需要

高機能PDAや携帯端末、携帯電話機などでの利用が期待されてい(過去形)。

携帯機器向けのCPUとして一般的なARMアーキテクチャにはJazelle(ジャゼール)という、Javaバイトコードを直接実行できる機能が搭載されている。しかしもはや、この機能は需要がない。

なぜなら現在、Java言語の組み込み用仮想マシンで最も一般的なものはAndroidに搭載されているDalvikであり、DalvikはJavaバイトコードを用いないためJava MEとは互換性がないからである。

用語の所属
Java
関連する用語
Java EE
Java SE

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club