通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

LZSS

辞書:電算用語の基礎知識 ファイル圧縮編 (PFCP)
読み:エルズィーエスエス
外語:LZSS: Lempel-Ziv-Storer-Szymanski 英語
品詞:名詞
1998/12/01 作成
2010/04/17 更新

LZ77系の圧縮アルゴリズムの一つ。

目次

1982(昭和57)年にJames A. StorerとThomas G. Szymanskiにより発表された。

LZ77のポインター(位置+一致長)と記号(未一致文字)を、フラグビットで区別することで冗長分を取り除いたもの。この手法はLZ78系のLZWでも利用されている。

LZSSは様々なところで使われているが、例えばLHALZHUF(LZ+ハフマン符号)のLZの部分や、ZIPDeflateにも使われている。

規則的データに有効で、圧縮率も良く、展開も高速である。一方で不規則なデータには不向きという問題もあり、次々登場する様々なバリエーションでこの問題の改善に挑んでいる。

次のような応用(亜種、バリエーション)が確認されている。

用語の所属
圧縮アルゴリズム
スライド辞書法
LZ77
LZ
関連する用語
LZW

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club