通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

Microsoft Windows Mobile

辞書:電算用語の基礎知識 OS編 (PNOS)
読み:マイクロソフト・ウィンドウズ・モバイル
外語:Microsoft Windows Mobile 英語
品詞:商品名
2003/09/16 作成
2012/02/05 更新

PDAおよび携帯電話機オペレーティングシステム(OS)の一つ。及び、このOSを採用した機器の総称ブランド。

由来

2003(平成15)年6月23日に発表されたPDAおよび携帯電話用OS、Windows CEのブランド名の一つである。

2001(平成13)年にリリースされたWindows Powered Pocket PC 2002の後継バージョンとなる。

そして、このOSを採用したPDA(旧称Pocket PC)や電話機(旧称Smartphone)の総称ブランド名としても用いられている。

最初のバージョン

最初のバージョンのOSブランド名は「Microsoft Windows Mobile 2003 software for Pocket PC」である。

ベースになるOSは、以前のWindows Powered Pocket PC 2002ではWindows CE 3.0だったのに対し、このWindows Mobile 2003ではWindows CE .NET 4.2となった。

最後のバージョン

Windows Mobileとしては、Windows Mobile 6.5.5が最終版である。

Windows Mobile 6シリーズの後継はWindows Phone 7シリーズであり、Windows Phone 7シリーズのカーネルはWindows CEではあるが、Windows Mobile 6用に作られたソフトウェアは一切動作しないため、別のOSであると言える。

これを著している時点では次のようなバージョンあり、それぞれに2〜3のプラットフォームがある。

実際のOSとしての製品名は、5まではfor以下の名称(例えばPocket PC)、6は「○○ Edition」の部分である。

  1. Windows Mobile 2003
    • Windows Mobile 2003 software for Pocket PC
    • Windows Mobile 2003 software for Smartphone
  2. Windows Mobile 2003 Second Edition
    • Windows Mobile 2003 Second Edition software for Pocket PC
    • Windows Mobile 2003 Second Edition software for Smartphone
  3. Windows Mobile 5.0、5.1
  4. Windows Mobile 6 (CE 5.2)
    • Windows Mobile 6 Standard Edition
    • Windows Mobile 6 Professional Edition
    • Windows Mobile 6 Classic Edition
  5. Windows Mobile 6.1
    • Windows Mobile 6.1 Standard
    • Windows Mobile 6.1 Professional
    • Windows Mobile 6.1 Classic
  6. Windows Mobile 6.5
    • Windows Mobile 6.5 Standard
    • Windows Mobile 6.5 Professional
    • Windows Mobile 6.5 Classic
  7. Windows Mobile 6.5.1
  8. Windows Mobile 6.5.2
  9. Windows Mobile 6.5.3
    • Windows Mobile 6.5.3 Standard
    • Windows Mobile 6.5.3 Professional
    • Windows Mobile 6.5.3 Classic
  10. Windows Mobile 6.5.5
  11. Windows Phone 7 (CE 6.0R3/CE 7.0ハイブリッド)
  12. Windows Phone 7.5 (CE 7.10)

Windows Phone 8以降は、カーネルもMicrosoft Windows 8相当に変更され、CEではなくなった。

通信機能

Windows Mobile 2003は以前のバージョンと比べ、Wi-Fi(IEEE 802.11シリーズ)やBluetoothの無線ネットワーク対応の強化と、接続の簡素化に重点が置かれた。電子メール機能やMicrosoft Exchangeとの同期化機能も強化された。

Windows Mobile 5.0からは各種マルチメディア機能やカメラ機能等に対応した。

なお、Windows Mobile 6のOSはCE 5.2でありCE 6.0ではないので、大きな仕様差は無い。

採用製品

従来のWindows CEシリーズはライバルのPalm OSと比べて大幅に劣勢だったが、Windows Mobileブランドによってユーザーを増やす計画である。対応ソフトウェアはVisual Studio .NETで開発できる。

このOSを採用した最も有名な製品は、Windows Mobile 5.0を搭載したシャープ製WILLCOM端末、W-ZERO3である。

Windows Mobile 6では、更にソフトバンクモバイルも参入し、次の3機種が発表されている。

  • Advanced/W-ZERO3 [es] (WILLCOM、シャープ製端末) Classic Edition
  • X01T (ソフトバンクモバイル、東芝製端末) Professional Edition
  • X02HT (ソフトバンクモバイル、HTC Nippon製端末) Standard Edition
関連するリンク
Windows Mobile
用語の所属
Microsoft Windows CE
関連する用語
Microsoft Windows CE .NET
Microsoft Windows Powered Pocket PC 2002
Palm OS

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club