通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

NTFS 5.0

辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・論理編 (TTDISKL)
読み:エンティーエフエス・ごーてんゼロ
外語:NTFS 5.0: New Technology File System 5.0 英語
品詞:名詞
1998/02/01 作成
2010/02/14 更新

NTFSのバージョンの一つで、Windows 2000で採用されたファイルシステム(ディスク管理方法)のこと。略称「NTFS5」。

目次

ファイルシステムとしてのバージョンは3.0で、正式には「NTFS 3.0」という。

但し、採用されたオペレーティングシステムのバージョンが5.0であることから、俗に「NTFS 5.0」「NTFS5」とも呼ばれ、これが公式にも通用している。

NTFS 3.0(=NTFS 5.0)は、Windows NTで実装されたNTFS 1.x系の拡張となるシステムである。

次のような機能が追加された。

  • ディスククォータ ‐ ユーザー毎のディスク利用容量制限を実現する機能
  • データの暗号化 ‐ ファイルを暗号化して第三者(システム管理者も含む)による参照を不可能とする機能
  • スパースファイル ‐ 巨大なファイルを作成できるが、ディスク容量は必要な量しか消費しない機能
  • マウントポイント ‐ パス名の延長上に別のボリュームを「接ぎ木」する機能
  • 再解析ポイント(リパースポイント) ‐ UNIXのシンボリックリンクのように、任意のディレクトリに別のボリュームをマウントすることができる機能
  • USNジャーナル ‐ ファイルに対する更新履歴の記録機能
  • 分散リンク追跡 ‐ 途切れたショートカットを自動で追跡する機能
  • ファイル圧縮機能の性能向上
用語の所属
ファイルシステム
ジャーナリングファイルシステム
関連する用語
NTFS

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club