通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

PEMM

辞書:電算用語の基礎知識 技術メモリー編 (TTMEM)
読み:ペム
外語:PEMM: Processor Enhanced Memory Module 英語
品詞:名詞
1999/06/17 作成
2008/07/07 更新

168ピンのDIMMに、SDRAMのほか、DSPなどのマイクロプロセッサーを実装したもの。

このモジュールは、物理的にはDIMMそのものであるため、そのまま通常のDIMMソケットに装着できる。

割り込み信号やウェイト信号などが追加されており、特定処理や連続処理などの高速化を実現できる。

動作モード

動作モードは三種類ある。

  • スタンダードモード ‐ 単なるメモリーとして動かすモード
  • スマートモード ‐ 演算処理を行なうモード
  • コンフィギュレーションモード ‐ PEMMにプログラムを渡して制御するためのモード

普通のDIMMの上位互換として動作しながら、デバイスドライバーによって様々な用途の「専用」チップとして動作させることが可能になる。

用途

使われるバスはメモリーバスで、これを並列化する事も可能。その際、コネクターにて接続し、並列動作をスムースに行なうように配慮されている。

専門的な処理が多くなってきているパソコンの高速化の一手段として、CPUやグラフィックボードなどでのアップグレード以外の方法として期待されている。

用語の所属
DIMM
関連する用語
DSP
マイクロプロセッサー

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club