通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

DIMM

辞書:電算用語の基礎知識 技術メモリー編 (TTMEM)
読み:ディム
外語:DIMM: Dual In-line Memory Module 英語
品詞:名詞
1997/02/15 作成
2013/03/09 更新

メモリーモジュール規格の一つで、モジュール接続部分の端子が両面にあるもの。つまり、片面一列、両面で二列。

DIMMの前にはSIMMがあったが、SIMMは基板の片面のみに接点が付いているのに対し、DIMMは両面に端子が付いている。

このため、"Dual" In-line Memory Moduleと呼ばれている。

形状

両面に端子があることから、横幅に対するピン数を、SIMMと比べると単純計算で倍にできる。

従ってSIMMよりもバス幅を広げることが可能となり、扱える最大メモリー容量も多く、また同容量ならSIMMよりも小型にも出来るという利点がある。

SIMM(下)とDIMM(上)
SIMM(下)とDIMM(上)

種類

DIMMには様々な種類がある。次のような要素がある。

形態

DIMMの形態には、次のようなものがある。

  • UDIMM (Unbuffered DIMM)
  • RDIMM (Registered DIMM/Buffered DIMM)
  • FB-DIMM (Fully Buffered DIMM)
  • LRDIMM (Load Reduced DIMM)

パラレルDIMM

用途

現在は、DDR SDRAMやその後継品を用いたDIMMが主流である。

かつての主流はSDRAMを用いたSDRAM DIMMだった。これはSDIMMとも呼ばれる。

またノートパソコン用の小型タイプに、SO-DIMMMicroDIMMなどがある。

端子数

かつて使われていた、DDRではない通常のSDRAMのものでは、片面84端子、両面計168端子のものが主流で、パリティ付きなら72ビットのデータバスだった。

168端子DIMM
168端子DIMM

次のように変化している。

規格通常のDIMMSO-DIMM
片面両面片面両面
SDRAM84端子168端子72端子144端子
DDR SDRAM92端子184端子100端子200端子
DDR2 SDRAM120端子240端子
DDR3 SDRAM102端子204端子
DDR4 SDRAM142端子284端子128端子256端子

シリアルDIMM

パラレルインターフェイスは、全ての信号の同期を取る必要があることから複雑であり、高速化にも限界がある。

そこで、パソコン内部および外部のバスは順次シリアル化されており、ついにメモリーもシリアル化されつつある。まず最初に登場したのはFB-DIMMであったが、これは普及しなかった。

PEMM

PEMMは、基板上に、メモリーチップだけではなくマイクロプロセッサーも搭載する規格である。

DSPなどを搭載することで、専門的な処理の高速化が期待される。

用語の所属
メモリー
モジュール
関連する用語
SDRAM
DDR SDRAM
SO-DIMM
MicroDIMM
PEMM
SIMM

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club