通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

WBXML

辞書:電算用語の基礎知識 ファイル形式編 (PFFMT)
読み:ダブリュービー・エックスエムエル
外語:WBXML: Wireless Binary XML 英語
品詞:名詞
2008/05/16 作成

XMLコンパイルし、コンパクトなバイナリ形式で扱うメタ言語である。

目次

モバイルデバイスで扱うため、データ量の削減を目的としてOMAによって開発された。これが、WAPで採用された。

XMLのバイナリ表現は様々なものが発案されているが、WBXMLはそのうちの一つである。

OMAのSyncMLでも採用されている他、WAPのマークアップ言語WMLの伝送もXBXMLで行なわれている。

文字符号化は、UTF-8UTF-16を用いるが、必要に応じてISO-8859-1Shift_JISなどを用いることも可能。

全てのタグや内容の開始は1オクテットで表現され、トークンと呼ばれている。属性があるかのフラグ、内容があるかのフラグの2ビットがあり、それ以外の5ビットは要素を表わす番号である。

例えば文字列を表わすトークンの場合、その開始に続いて文字列を置き、NULで終端させる。NULの直後は次のトークンが続く。

つまり、内容の長さを表わす部分はなく、処理は順番に読み取り処理する、XMLと同様の方法で行なうことが可能。

要素の終わりは常にENDと呼ばれる1オクテットのトークンで、これは現在有効な要素の終了を表わす。従って、XMLでありがちな、開始タグと終了タグの不正な入れ子(<A><B></A></B>のような)は、原理的にありえない。

関連するリンク
WBXML 1.3
用語の所属
XML
EBML

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club