通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

SyncML

辞書:電算用語の基礎知識 ファイル形式編 (PFFMT)
読み:シンクエムエル
外語:SyncML: Synchronization Markup Language 英語
品詞:名詞
2001/12/19 作成
2008/05/26 更新

PDA携帯電話機といったモバイルデバイスのPIMデータを異機種間で相互に同期させるための共通仕様、および関連プロトコル。

SyncMLは、モバイル通信関連の業界団体、OMAによって策定され、2000(平成12)年12月にSyncML 1.0が標準化された。

当初はEricssonIBMLotusMotorolaNokia、Psion、Palm Computing、Starfish Softwareの9社が2000(平成12)年2月にワーキングブループを設立して策定を開始した。後にPanasonic、Symbianなども参加している。

用途

SyncMLは同期プロトコルであり、携帯端末と、パーソナルコンピューター等をSyncMLに対応させることで、相互のデータの整合性を取る「データ同期」を実現する。

具体的には、次のような情報の同期が想定される。

  • スケジュール帳
  • メールボックスのデータ

技術

同期に用いる通信手段(物理層)に依存せず、USB、赤外線(IrDA)、Bluetooth、携帯電話機やPHSの通信機能等、様々な方法が利用できる。

プロトコルには、XMLを応用した「WBXML」が使われている。

関連するリンク
http://www.syncml.org/
関連する用語
vCalendar
vCard
PDA
PIM
XML

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club