通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Windows Presentation Foundation

辞書:電算用語の基礎知識 計算機内部固件編 (TCAPI)
読み:ウィンドウズ・プレゼンテーション・ファウンデーション
外語:WPF: Windows Presentation Foundation 英語
品詞:固有名詞
2006/07/10 作成

Windows Vistaで採用された、.NET Framework 3.0(開発コードネームWinFX)における画面描画機構のこと。開発コードネームはAvalon(アバロン)。略称はWPF。

目次

従来との最大の違いは、画面描画をビットマップデータからベクター方式とした点である。

拡大・縮小が容易になり、そして半透明のウィンドウの重ね合わせ処理にも対応する。つまりOS Xの画面描画機構Quartz(クオーツ)と同様のものといえる。

WPFでは、ウィンドウやボタンの生成をXAML(eXtensible Application Markup Language)と呼ばれる独自のマークアップ言語で記述する。

この機構により、プログラムコードと画面の体裁指定を、完全に分離することができるようになった。プログラム開発効率の向上が期待される。

所属する技術
Microsoft Windows Vista
Longhorn
WinFX
該当する技術
MIL
WinFS
Microsoft Windows XP

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club