通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

XFS

辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・論理編 (TTDISKL)
読み:エックスエフエス
外語:XFS 英語
品詞:名詞
2000/10/16 作成
2008/07/10 更新

SGIが開発し、同社のUNIX系OSであるIRIXや、Linuxなどで使われているジャーナリングファイルシステム。実装はGPLによるオープンソースソフトウェアである。

オリジナルはIRIX用であるが、これがオープンソースであったため、Linuxなどにも移植され使われるようになった。

機能

次のような機能を有している。

  • システムクラッシュ等からの迅速な復旧が可能でfsck(ファイルシステムの一貫性チェックや修復を行なうツール)が不要
  • ジャーナリング
  • ダイレクトI/O
  • 領域の事前割り当て
  • トランザクションレコード割り当て
  • アクセスコントロールリストと拡張属性
  • XDSMサポートに関するインフラストラクチャ
  • 64ビットファイルシステムで最大1800Tバイトのディスクスペースや最大900Tバイトのファイル管理に対応

Linux

Linux用では、NFSサーバーサポート、ルートファイルシステムとLILOのサポート、mdとlvmパッケージによるソフトウェアの高速な統合、labelによるマウントとuuidによるマウント、などの特徴を持ち、かつIRIX環境下で作成されたXFSファイルシステムと互換性がある。

Linux用のファイルシステムとしてext2が最も普及していたが、巨大ファイル管理や対障害性などに欠点があったためXFSが注目を集めた。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club