通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

NFS

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術応用編 (CTAPL)
読み:エンエフエス
外語:NFS: Network File System 英語
品詞:名詞
2014/12/04 更新

ネットワーク経由でのファイル共有を実現する分散ファイルシステム。及びこのシステムで用いる通信プロトコル

1985(昭和60)年にリリースされた後、大々的に普及したネットワークファイルシステムである。

成功の理由は、Sun MicrosystemsらしくNFSの通信プロトコルパブリックドメインとした点と、実装を安価に提供したためだと言われている。

プロトコル自体はとてもシンプルなため、MS-DOSMac OS 7.x用のNFSなども存在する。

現在ではNFSバージョン4となり様々な拡張が行なわれているが、シンプルなプロトコルという初期からのコンセプトは変化していない。但し大部分をUDPで処理し、また多くのポートを使用する仕様から、セキュリティ観念的に問題があるとされている。

バージョン

NFSバージョン2(NFSv2)
古いバージョンだが、広く対応されている。
NFSバージョン3(NFSv3)
可変サイズのファイル処理、エラー報告機能の拡張などが施された。
但し、NFSv2との互換性は完全ではない。
NFSバージョン4(NFSv4)
Kerberos認証機能に対応し、セキュリティを向上させた。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club