通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

microATX

辞書:電算用語の基礎知識 計算機PC内部技術編 (TCPC)
読み:マイクロ・エイティーエックス
外語:microATX 英語
品詞:名詞
1998/06/06 作成
2008/03/16 更新

PC/AT互換機で用いられているフォームファクターの一つ。

目次

寸法は、幅9.6インチ(24.38cm)×奥行き9.6インチ(24.38cm)である。

Intelが1997(平成9)年12月に提唱した。ATXケースも利用できる、互換性のある小型版である。

現在の主流であるATX形式と同様にサイズやネジ穴、スロットやI/Oパネルの位置を規定したもので、12インチ(30.48cm)×9.6インチ(24.38cm)に対し9.6インチ(24.38cm)四方と小型化されている。

カットされた2.4インチ(6.10cm)は拡張スロット部分であり、I/Oパネル領域に関しては従来のATXと同等のスペースを確保している。

縮小された大きさは拡張スロットが3本入るだけの大きさであり、これによりATXでは7本に対し、microATXでは最大でも4本までしか拡張スロットが持てない。

用語の所属
フォームファクター
マザーボード
関連する用語
ATX
FlexATX
PC/AT互換機

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club