通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

クラス

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:クラス
外語:class 英語
品詞:名詞
1999/01/31 作成
2014/11/19 更新

CIDR以前に使用されていた、古典的なIPv4アドレスの割り当てに関する戦略。

IPv4アドレスの始めの4ビットまででネットワークアドレス部とホストアドレス部の長さが決定される。

これによって、日常的にはクラスA/クラスB/クラスCの区別を付けることが可能だったが、現在ではCIDRに基づいた割り当てが行なわれており、この方式は今では痕跡として残るのみとなっている。

以下のように分類される。クラスEは全てが予約されているが、例外として255.255.255.255ブロードキャスト用として用いられる。

クラス313029282726252423222120191817161514131211109876543210
クラスA0ネットワークホスト
クラスB10ネットワークホスト
クラスC110ネットワークホスト
クラスD1110Multicast Group ID
クラスE1111reserved
用語の所属
IPv4
IPv4アドレス
関連する用語
クラスA
クラスB
クラスC
クラスD
クラスE
CIDR

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club