通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

コールウェイティング

辞書:通信用語の基礎知識 固定電話技術編 (WTELFT)
読み:コールウェイティング
外語:call waiting 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

話中の場合に、もう一通だけベルを鳴らして電話を繋げるシステム。

フックスイッチをフラッシュ(押してすぐ離す)することで最初の通話を保留にし、次の通話と切り替えることができるというもの。

日本ではキャッチホンが有名だが、これはNTTの商品名である。単なるキャッチホンだとモデム使用中に通話が割り込んだ際に元のモデムの接続は切断されてしまうため、嫌われる。そのため改善版のキャッチホン2が使われるが、基本料が¥500と、通常の¥300より料金が高い。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club