通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ショルダーホン

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話サービス編 (WTELMS)
読み:ショルダーホン
外語:shoulder phone 和製英語
品詞:名詞
1998/12/12 作成
2008/04/10 更新

携帯電話の黎明期に存在した、肩に掛けて利用するタイプの電話。このため、ショルダーバッグならぬショルダーホンという名が付いた。

目次

本体はアタッシュケースのようなものに格納されていた。重さは3kgもあり、およそ実用的とは言い難いものであった。

日本電信電話公社(電電公社)が民営化された1985(昭和60)年4月に発売。

ベースは自動車電話であり、これが自動車から離れても利用できるという、非常に画期的な製品であった。

携行が可能になったとはいえ、サービス形態自体は、自動車電話の発展形という扱いであった。

このため、「車外兼用型自動車電話」「車載・携帯兼用型自動車電話」「車外利用形自動車電話」「車外利用型無線装置」などの呼び名も付いていた。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club