通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ステートレスアドレス自動設定

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:ステートレスアドレスじどうせってい
外語:Stateless address autoconfiguration 英語
品詞:名詞
2015/01/28 更新

IPv6のアドレス自動設定の方法の一つ。

仕様はStandards Track(標準化過程)であるRFC 4862「IPv6ステートレスアドレス自動設定」によって定義されている。

IPv6において、RSパケットを送信し、ルーターから与えられるRAパケットに含まれる情報(アドレスプリフィックス)と自分のMACアドレスから自動的にIPv6アドレスを生成すること。

但しこの生成したIPv6アドレスは、即正式なアドレスとして使えるわけではない。次にDADを実施し、同じIPv6アドレスを持つマシンがネットワーク内に存在するかどうかを確認する。

もし存在したらそのアドレスを放棄し、DHCPv6などを用いたステートフルアドレス自動設定が必要となる。

関連するリンク
RFC 2462
用語の所属
IPv6
関連する用語
ルーター
RS
RA
DAD
MACアドレス
DHCP
ステートフルアドレス自動設定

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club