通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ファビョる

辞書:通信用語の基礎知識 通信俗語政治編 (CZPOL)
読み:ファビョる
品詞:ら行五段
2009/06/03 作成
2010/02/15 更新

朝鮮人に普遍的に見られる、気違いのように騒ぐこと。「火病る」。

朝鮮人は、ヒステリーや癇癪を起こすという民族的特徴がある。議論で反論に窮した場合などに発症し、感情的になり、怒りをむき出しにする。

この「症状」を、ネットスラングで「火病」(ファッピョン)といい、これを動詞化して「ファビョる」のように使われるようになった。

由来

「ファビョる」は「火病」を語源とするが、これは世界でも朝鮮人のみが罹患するという特殊な精神病である、同名の「火病」を由来とする。

但し「病気としての火病」と「ファビョる」ことは、全く無関係である。

「ファビョる」と呼ばれている症状は、必ずしも「病気としての火病」とは限らない。

鳴き声

朝鮮人は、ファビョると、次のような鳴き声を発する。

関連する用語
火病

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club