通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

レイヤー4スイッチ

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術機器用語編 (CTDEVY)
読み:レイヤーフォースイッチ
外語:Layer 4 switch 英語 , L4SW: Layer 4 switch 英語
品詞:名詞
2000/02/02 作成
2009/08/29 更新

OSI参照モデルにおけるレイヤー4(トランスポート層)で判断して動作するスイッチ。略して「L4SW」。

目次

現実には、レイヤー4のみで制御ということはありえず、レイヤー3のIPとレイヤー4のTCP及びUDPに従って経路制御を行なうスイッチである。

TCPUDPにおけるポート番号に従って経路制御を行なう。

スイッチを仮想マシンとしてサーバーへのアクセスをスイッチが受け、実際にはスイッチの(ネットワーク的に)後ろにある複数のサーバーに分散して転送することで、処理の多重化(高速化、冗長化に寄与する)を図ることができる。

主にポリシールーティングを実現するために使われる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club