通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

マルチレイヤースイッチ

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術機器用語編 (CTDEVY)
読み:マルチレイヤースイッチ
外語:multi layer switch 英語
品詞:名詞
2000/05/11 作成
2009/08/29 更新

複数のレイヤーの情報を基にパケットの行き先制御が可能なスイッチ

普通のスイッチングHUBは、ブリッジと同じくMACアドレス、つまりレイヤー2の情報を元にパケットの行き先を制御している。

マルチレイヤースイッチでは、一般にそれに加えてIPアドレス(レイヤー3)やポート番号(レイヤー4)、tcp/udpの別(レイヤー4)の情報を用いてパケットの行き先制御が可能である。ものによっては、アプリケーションの通信内容(レイヤー7)情報を用いて動作するものもある。

なお、これらはそれぞれレイヤー3スイッチレイヤー4スイッチレイヤー7スイッチと呼ばれる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club