通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ポート番号

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:ポートばんごう
外語:port number 英語
品詞:名詞
1999/06/24 作成
2014/11/18 更新

TCPUDPSCTP、DCCPなどで一つのマシンが複数のサービスを提供している場合、それらのサービス(アプリケーションの種類)を区別するために使われる番号。

目次

例えば電子メールSMTPは25、POP3は110、WWWHTTPは80が一般的に用いられている。

ポート番号を実際に文書上で表記する場合、TCPとUDPの区別を付けるため、25/tcpや69/udpのような書き方を慣例的に行なう。

ポート番号は1〜65535までの範囲で使えるが、0だけは特別な機能を持ち、実装で空いている番号に自動的に割り振る指定に使われる。

またIANAによって登録される範囲が決められており、この範囲内は自由に使うことができないことになっている。

この基準が決まって以降は、エフェメラルポートは49152番以降を使うように順次、各種の実装仕様が変更されている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club