通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

平行フィーダー

辞書:通信用語の基礎知識 無線技術用語編 (WCYOGO)
読み:へいこうフィーダー
品詞:名詞
2001/10/24 作成
2015/03/28 更新

給電線の一つで、アナログ時代のテレビで、アンテナ引き込みに使われていた電線。現在では殆どみられない。

目次

2本の電線が並行になるように固定化されたケーブルである。

接続する際は、被覆をむき、短絡しないように一本ずつネジで固定する方式が多かった。

安価だったため、初期のアンテナ引き込み線として多用された。しかしノイズに非常に弱かったため徐々に同軸ケーブルへと移行し、廃れてしまった。地デジになる頃には既に絶滅危惧種状態となっていた。

地上アナログテレビジョン放送の時代はVHFUHFを併用していたため、それぞれのケーブルが存在した。

VHF用のインピーダンスは300Ωでリボンフィーダー、UHF用のインピーダンスは200Ωはめがねフィーダーとも呼ばれていた。

関連する用語
フィーダー
同軸ケーブル

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club