通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

搬送波

辞書:通信用語の基礎知識 無線技術用語編 (WCYOGO)
読み:はんそうは
外語:carrier wave 英語
品詞:名詞
2000/12/27 作成
2014/11/06 更新

音声、映像、データなどの情報を伝送するために用いる信号のこと。

目次

テレビ放送やラジオ放送、携帯電話機などでは電波が、光ファイバー通信であれば光が搬送波として使われる。

搬送波は、変調器で信号波に応じて変化させる。つまり搬送波は伝送するための基本波形である。具体的には、送信したい信号でこの搬送波を変調することで通信を行なう。

信号をアナログ波(音や電波)に変えるための方法はいくつかある。

音声などの振幅によって、搬送波の振幅を変化させる変調方式を振幅変調(AM)、搬送波の周波数を変化させる変調方式を周波数変調(FM)という。

周波数変調(FM)を例とすると、まず基本となる搬送波(キャリア波)として正弦波を用意し、送るべき信号に合わせて波形を歪めて情報とする。搬送波によって送られる信号を搬送信号(キャリア信号)と呼ぶ。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club