通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

特定アジア

辞書:通信用語の基礎知識 通信俗語政治編 (CZPOL)
読み:とくていアジア
外語:specific asia 英語 , particular asian nations 英語
品詞:名詞
2005/09/13 作成
2016/04/09 更新

支那と南北朝鮮のこと。支鮮。略称は「特亜」「特ア」。アルかニダとも言う。

概要

サヨクや日本のマスメディアはよく「アジア」というが、アジアといっても広い。東南アジア中東アジアもアジアなのである。

このため、どのあたりまでの範囲をいうのか、アジアという表現だけでは不明瞭である。

しかし、実際に「アジア」を連呼する人たちが言うアジアとは支鮮(中華人民共和国(支那)と南北朝鮮)だけであることは、彼らの発言からして自明である。そこで、そういう人たちのいう「アジア」を「特定アジア」と呼ぶようになった。

特定アジアの範囲

  1. 支那 (中華人民共和国)
  2. 南鮮 (大韓民国)
  3. 北鮮 (北朝鮮)

僅か3ヶ国(正確には1国2地域=南鮮=大韓民国と、ゲリラ占有地である北朝鮮および支那)しかないが、反日人口と面積だけはやたら広い、特定のマスコミ・思想家の指すアジア。それが特定アジアである。

類義語に「極東三馬鹿」「反日アジア三国」「居直り強盗乞食三国」「捏造歴史三国」などがある。

誕生まで

いわゆるサヨクは、日本対支鮮の問題をアジア全体の問題にすり替えようとする。

朝日新聞などのサヨク新聞は言うまでもなく、地上波テレビ放送の似非討論番組などを観ても、そのような似非論客は数多い。

それに対して日本を代表する女性フリージャーナリスト櫻井よしこ女史が「あなたのおっしゃるアジアってどこの国の事かしら?」と問い質し、話を逸らすことを許さない場面を何度と無く観ることにもなるが、このような言い合いは大変不毛であるし時間の無駄でもある。

なぜなら、サヨクの言う「アジア」は支鮮しかないからである。

誕生後

そんな折、自民党の歴史的大勝利、民主党大敗北となった2005(平成17)年9月11日の衆院選後、2ちゃんねるのニュース速報+板に「【アジア】今回の自民党圧勝の衆院選結果、タイ、フィリピン、台湾の反応は」というスレッドが立った。

そしてこのスレのレス35において、この支鮮こと極東三馬鹿を他のアジア諸国と区別すべく、「特定アジア」という呼称が提案された。

かくして、2005(平成17)年9月12日23:01:05(@625)にこの語が誕生してから、この語は賞賛を浴び、久々の大ヒット語となった。侮蔑的な表現を含まず、客観的な表現でありつつも、意味したいところをしっかりとおさえている語であるところが好評を得た理由と思われる。

前述の次スレからは早速スレ名に「特定アジア」が追加されるなど、発案の翌日には既に普通の日本語のように使われるようになっていた。

普及状況

  • 2005(平成17)年9月15日: Googleでの日本語ページヒット数は約117件
  • 2005(平成17)年12月1日: Googleでの日本語ページヒット数は約151,000件
  • 2006(平成18)年4月29日: Googleでの日本語ページヒット数は約586,000件
  • 2006(平成18)年5月12日: Googleでの日本語ページヒット数は約678,000件(""で括った場合)
  • 2006(平成18)年9月15日: Googleでの日本語ページヒット数は約988,000件
  • 2016(平成28)年3月11日: Googleでの日本語ページヒット数は約467,000件(""で括った場合)
  • 2016(平成28)年4月9日: Googleでの日本語ページヒット数は約658,000件(""で括った場合)

誕生から3ヶ月経たぬ間に、完全に日本語になったと考えられる。

現在ではネット内外で広く使われており、これを普通の日本語と認めない人は、既に何かのイデオロギーに支配された、思想の偏った人間であると考えられる。

特定アジア人、すなわち支那人・朝鮮人は性質が似通っているため、付き合い方もよく似ている。

少なくとも言えることは、支那朝鮮と妥協はありえない、ということである。

日本人相手なら足して二で割るという妥協があるが、支那朝鮮人とは、このようなことは決して試みてはならない。一歩引くと二歩三歩と踏み込んで来るのが支那朝鮮流なのである。

彼らには、付け入る隙を与えてはいけないのである。

使われる場所
2ちゃんねる
該当する国や地域
支那
朝鮮
大韓民国
北朝鮮
中華人民共和国
関連する用語
アルかニダ
チョウセンヒトモドキ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club