通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

野良AP

辞書:通信用語の基礎知識 通信俗語地下編 (CZUG)
読み:のら・アクセスポイント
品詞:名詞
2009/06/18 作成

セキュリティを施さずに使用している無線LANアクセスポイントこと。「野良無線LAN」などとも。

目次

一般に、無線LANは第三者に使用されないように、または盗聴されないようにセキュリティ対策が施される。

暗合化も、より強いものを、という需要に対応して、WEPWEP2WPAと移行していった。

これに反し、そもそもセキュリティの設定を無効する者もいる。このような公共心旺盛なユーザーが提供する無線LANのアクセスポイント(AP)を、野良APという。

野良のアクセスポイントを利用すれば、他人のアクセスポイント経由で勝手にインターネットに接続することが可能である。また、技術があれば「覗き見」をすることも可能である。

近年問題になっている、「犯行予告」なども、野良APを使った場合の捜査の難しさなどが指摘されている。

逆に、意図的に野良APを用意して「おびき寄せる」者もいる。このようなAPからメールの読み書き等をすると、暗号化されていないユーザーIDやパスワードが漏洩する危険性がある。つまり、「個人情報を奪う」ことを目的としたAPの可能性もある。

関連する用語
無線LAN
ウォー・ドライビング

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club