通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

A2DP

辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:エイトゥーディーピー
外語:A2DP: Advanced Audio Distribution Profile 英語
品詞:名詞
2008/07/26 作成
2015/04/09 更新

Bluetoothプロファイルの一つで、ステレオ音質のオーディオを配信するもの。高度オーディオ配信プロファイル。

従来は電線などで接続していた携帯音楽プレイヤーなど音響機器とヘッドフォンなどの間を、無線で繋ぐ方法の一つ。

同等の用途のプロファイルには他にHSPがあるが、HSPは同期型のパケット通信(SCO)であるのに対し、A2DPは非同期チャンネルであるACL上でストリーミングをする手法が規定されている。同期式と比較して効率的であり、高音質であるとされる。

具体的な用途としては、音源から、ヘッドフォンやスピーカーなどに対してオーディオを伝送するために使われる。

技術

オーディオストリームを配信するプロファイル、GAVDPを基礎技術として開発された。

制御プロファイルであるAVRCPと共に使われることが多く、A2DP+AVRCPで、AVPとも呼ばれている。携帯電話機や、近年の無線対応ディジタルオーディオ機器で対応しているのが、このプロファイルである。

音声コーデック

音声コーデックは、SBC(SubBand Codec)への対応が必須である。音質は悪いが、計算量が少なく軽い、そしてロイヤルティフリーであることが特徴となっている。

他にMPEG-1MPEG-2のオーディオ、MPEG-2 AACMPEG-4 AAC、そしてATRACがオプションとしてサポートされる。

用語の所属
Bluetooth
Bluetoothプロファイル
関連する用語
AVP
AVRCP
GAVDP
HSP
携帯音楽プレイヤー

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club