通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

DWDM

辞書:通信用語の基礎知識 通信手順物理層編 (CPPMD)
読み:ディーダブリューディーエム
外語:DWDM: Dense Wavelength Division Multiplexing 英語
品詞:名詞
2000/07/25 作成
2014/12/04 更新

高密度波長分割多重方式。

目次

波長を変えることで光ファイバー内で信号を多重化するWDMに対し、使う波長を非常に狭くすることで、より多数の光信号の多重化をするもの。

WDMが通常8チャンネル多重程度だったのに対して、32〜128チャンネル多重なども実現できる。

Gbps級の高速ネットワークインフラの注目度が上がって来ており、その本命技術の一つとされている。

当然ながら光関係の通信企業から特に注目が高い。

関連する技術
WDM
関連する用語
光ファイバー
チャンネル

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club