通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ESSID

辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:イーエスエエスアイディー
外語:ESSID: Extended Service Set Identifier 英語
品詞:名詞
2000/03/05 作成
2009/09/12 更新

IEEE 802.11規格無線LANのグループを識別するためのID

実際のID(名前)をSSIDといい、これをネットワーク用に用いるものをESSIDという。

但し、現在ではどちらも同義として使われている。以降はESSIDと記載する。

IDの選定

無線LANでは同じID同士しか通信を行なえないため、一種のパスワードとして機能する。

但し、たまたま同じESSIDが設定された無線LANとは通信出来てしまうので、ESSIDは慎重に選ぶ必要がある。

また、ESSIDは常に平文で送信されているので注意が必要である。

ステルス

アクセスポイントは通常、接続するクライアントのためにESSIDを平文で随時発信しており、これを「ESSIDブロードキャスト」という。

ブロードキャストを停止する機能もありESSIDステルスと呼ばれているが、セキュリティという意味では無意味である。

用語の所属
IEEE 802.11
無線LAN
関連する用語
ID
パスワード
WEP
ESSIDステルス

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club