通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

IEEE 802.15.4g

辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:アイトリプルイーはちゼロにーてんいちごてんよんジー
外語:IEEE 802.15.4g 英語
品詞:団体組織名,固有名詞
2013/02/28 作成

スマートメーター用無線の国際標準規格。

目次

物理層ZigBeeのベースとなっているIEEE 802.15.4を用い、周波数帯、データサイズの拡張、変調方式の追加などの改良が加えられている。

ネットワークトポロジーとして、1対1のほか、スター型接続メッシュ型接続などにも対応しており、多数のスマートメーターを繋ぎ、情報を集めることが可能である。

2012(平成24)年1月に、普及を目的とする業界団体「Wi-SUN Alliance」が設立された。

IEEE 802.15.4gも、2012(平成24)年5月に正式に発効した。

日本からは、独立行政法人情報通信研究機構(NICT、総務省所轄)などが参画している。

関連するリンク
http://www.ieee802.org/15/pub/TG4g.html
用語の所属
IEEE 802.15
IEEE 802.15.4
4G

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club