通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ISO/IEC 8859-9

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術文字集合編 (CTCHRS)
読み:アイエスオウ・アイイースィー・はちはちごーきゅう・きゅう
外語:ISO/IEC 8859-9 英語
品詞:固有名詞
2004/12/14 作成
2006/12/21 更新

ISOによって規定された文字集合の規格ISO/IEC 8859のうち9番目の仕様。この仕様はLatin-5とも呼ばれる。

CHARSET_NAME(CCS名)は「ISO-8859-9」である。

トルコ語に対応するようLatin-1の修正を行なったラテン文字セットを定義する。

トルコ語は、以前はエスペラントと同じISO/IEC 8859-3を使用していたが、現在はこちらに標準が移行している。

沿革

  • 1989(平成元)年5月15日: ISO/IEC 8859-9制定
  • 1999(平成11)年1月15日: ISO/IEC 8859-9改正

他のISO登録状況

ISO-IR 148として登録されている。

ISO-IR 148のISO/IEC 2022におけるエスケープシーケンスは次のとおり。

  • G0: -
  • G1: ESC 2/13 4/13
  • G2: ESC 2/14 4/13
  • G3: ESC 2/15 4/13

ISO/IEC 8859-9文字セット

 上位4ビット
2/103/114/125/136/147/15
0NBSP°ÀĞàğ
1¡±ÁÑáñ
2¢²ÂÒâò
3£³ÃÓãó
4¤´ÄÔäô
5¥µÅÕåõ
6¦ÆÖæö
7§·Ç×ç÷
8¨¸ÈØèø
9©¹ÉÙéù
10ªºÊÚêú
11«»ËÛëû
12¬¼ÌÜìü
13SHY½Íİíı
14®¾ÎŞîş
15¯¿Ïßïÿ

ISO/IEC 8859-1との差は、次の6字である。

  • 0xd0: Ğ (CAPITAL LETTER G WITH BREVE)
  • 0xdd: İ (CAPITAL LETTER I WITH DOT ABOVE)
  • 0xde: Ş (CAPITAL LETTER S WITH CEDILLA)
  • 0xf0: ğ (SMALL LETTER g WITH BREVE)
  • 0xfd: ı (SMALL LETTER i WITHOUT DOT)
  • 0xfe: ş (SMALL LETTER s WITH CEDILLA)

これにより、次の6字(Ð、Ý、Þ、ð、ý、þ)は削除された。

ISO/IEC 8859-5が公式ないし事実上、対応できる言語で、かつISO/IEC 8859-1などでは対応できない言語は以下のとおり。配列順序は日本語名の50音順による。括弧内はISO 639で規定される2文字の言語コードである。

また次の言語はISO/IEC 8859-1でもISO/IEC 8859-9でも表現できる。

  • アイスランド語(is)
  • イタリア語(it)
  • 英語(en)
  • オランダ語(nl)
  • スウェーデン語(sv)
  • スペイン語(es)
  • スワヒリ語(sw)
  • デンマーク語(da)
  • ドイツ語(de)
  • ノルウェー語(no)
  • フィンランド語(fi)
  • フェロー語(fo)
  • フランス語(fr)
  • ポルトガル語(pt)
  • ラテン語(la)
文字集合
ISO/IEC 8859
関連する文字集合
ISO/IEC 8859-1
符号化方法
ISO/IEC 2022
関連する用語
エスケープシーケンス
ISO
文字コード
トルコ語

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club