通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

JIS X 0213:2000

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術文字集合編 (CTCHRS)
読み:ジスエックスゼロにーいちさん・にせん
外語:JIS X 0213:2000 英語
品詞:固有名詞
2004/02/23 作成
2007/10/17 更新

JIS X 0213の初版。規格名は「7ビット及び8ビットの2バイト情報交換用符号化拡張漢字集合」。

特徴

第3水準漢字1,249字・第4水準漢字2,436字の漢字と各種の記号を含む非漢字659字の合計4,344文字が収められている。

これにJIS X 0208の6,879字を合わせて11,223文字を規定する規格である。

2004(平成16)年に改訂され、JIS X 0213:2004とするための規格書、追補1としてJIS X 0213:2000/AMENDMENT 1:2004が発行されている。

沿革

他のISO登録状況

第一面と第二面の2面が存在する。

第一面は、ISO-IR 228として登録されている。

ISO-IR 228のISO/IEC 2022におけるエスケープシーケンスは次のとおり。

  • G0: ESC 2/4 2/8 4/15
  • G1: ESC 2/4 2/9 4/15
  • G2: ESC 2/4 2/10 4/15
  • G3: ESC 2/4 2/11 4/15

第二面は、ISO-IR 229として登録されている。

ISO-IR 229のISO/IEC 2022におけるエスケープシーケンスは次のとおり。

  • G0: ESC 2/4 2/8 5/0
  • G1: ESC 2/4 2/9 5/0
  • G2: ESC 2/4 2/10 5/0
  • G3: ESC 2/4 2/11 5/0
用語の所属
JIS X 0213
関連する用語
JIS X 0213:2004
CCS
CES
第3水準漢字
第4水準漢字

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club