通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

LAPF

辞書:通信用語の基礎知識 通信手順下編 (CPEQIP)
読み:ラップ・エフ
外語:LAPF: Link Access Procedure for Frame Relay 英語
品詞:名詞
2008/01/27 作成

フレームリレーデータリンク層(レイヤー2)プロトコル

ITU-T I.233で規定されているFMBS(フレーム・モード・ベアラー・サービス)用の呼制御手順。

LAPFは大きく二つの副層に分けられており、その全体を「LAPFフルセット」という。

統一的な名称は無いようだが、下位層は「LAPFコア」、上位層は「上位」や「制御」などと呼ばれている。

第2層データリンク層LAPFフルセット上位(制御)
LAPFコア
第1層物理層

階層構造

LAPFは、フレーム処理を行なう「コア機能」と、フレーム再送制御などを担う「制御機能(上位機能)」とに機能が分けられている。

この機能の分離は、上述のように、プロトコル階層では副層という形で表わされる。

パケット交換では両方の副層を使い、さらにレイヤー3を乗せて使うが、単なるフレームリレーの場合はLAPFコアまでしか使わない。この場合は上位にはTCP/IPなどが乗せられる。

コア機能

LAPFの副層のうち、下位層(物理層に近い層)をコア機能という。

  • フレームの多重化/分割
  • 0ビットの挿入/削除
  • フレーム長のチェック
  • 伝送エラーの検出(FCS)

フレームリレーの伝送における、最低限の機能を有する部分である。

ITU-T Q.922、ITU-T X.36などの勧告や、ANSI T1.618などの規格がこれに該当する。

上位機能

LAPFの副層のうち、上位層(ネットワーク層に近い層)を上位機能という。

  • タイマー管理
  • 受信情報フレームの確認
  • 伝送エラーによる再送制御
  • フロー制御

この上位機能までを用いるサービスは「フレームスイッチ」と呼ばれ、フレームリレーとは区別される。

PVC状態確認手順(LMI)は、この上位までを使う。LMIには、次のようなものがある。

  • ITU-T Q.933 Annex A
  • ITU-T X.36
  • ANSI T1.617 Annex D
  • フレームリレー・フォーラム4社仕様 (Cisco Systems、Strata、Northern Telecom、DEC)

ITU-T X.36

ITU-T X.36は、LAPFの機能をすべて含み、かつX.25のようにレイヤー1からレイヤー3までを含む勧告である。

フレーム送受信機能に加え、PVC状態確認手順、SVC呼制御などの機能を持っている。

日本では、TTC標準JT-X36が対応する。

関連する用語
フレームリレー
ITU-T X.25

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club