通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ODBC

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術応用編 (CTAPL)
読み:オウディービースィー
外語:ODBC: Open Database Connectivity 英語
品詞:固有名詞
2006/11/15 更新

Microsoftの提唱したデータベースアクセス用のAPIの名称。

目次

データベース管理システム(DBMS)を問わず、共通のアプリケーション作成を実現するために開発されたもの。

ODBCという枠組みの中でAPIを利用することで、DBMSが違っていてもある程度の汎用性を持たせることが可能となった。

アプリケーションはデータベースのベンダーによって用意したODBCドライバーのAPIを使用し、SQLによってDBMSと対話する。

ODBCドライバーは適切なドライバーを使うことで、DBMSの違いを吸収することができる。

但し、数値の精度が悪いなど様々な問題があって、結局のところODBCは最良の選択とはなりえない。現実的問題を考慮してもRDBMSOracle、SQL Server(Microsoft、SyBase)、Infomixの3つでほぼ独占状態なので、この3つをサポートしていれば需要は満たせる事になり、実は無理にODBCを使う必要はない。ODBCは、マイナーなRDBMS向けの接続保証というのが、正しい認識といえる。

用語の所属
データベース
関連する用語
API
アプリケーション
SQL (DB)
RDBMS
DAO
Jet
JDBC

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club