通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

OO4O

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術応用編 (CTAPL)
読み:オウオウフォーオウ
外語:OO4O: Oracle Objects for OLE 英語
品詞:固有名詞
2006/11/15 更新

Microsoft WindowsからOracle Serverへのデータベースアクセスを行なうためのオブジェクトの名。

目次

途中にODBCを経由しないため、ODBCを経由するRDOより高速な動作が期待できる。

さらに、ODBC特有の不具合からも回避されるなど、Oracle Serverを使う上では非常に有用な技術、とされている。

拡張性に限界があるMicrosoft SQL ServerからOracle Server+OO4Oへの移行ケースも多いが、実際のところ速度はRDOと大差ない。それどころか、場合によってはRDOよりも遅いこともある。

つまり速度だけで選ぶ理由にはならないということである。

関連する用語
OLE
Microsoft Windows
Oracle
ODBC
RDO

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club