通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

S/T点

辞書:通信用語の基礎知識 固定電話技術編 (WTELFT)
読み:エスティーてん
外語:S/T Point 英語
品詞:名詞
1997/10/28 作成
2008/06/18 更新

基本インターフェイス(BRI)の参照構成モデルにおける参照点。DSUISDN機器(TAなど)、またはISDN機器同士を接続するためのインターフェイス。

目次

T点S点は、実際には同一のインターフェイスである。

DSUから出てくるのがT点で、T点に接続したPBX等から出てくるのがS点であるが、一般家庭ではPBX等を導入していないことから両者を区別する必要が無いため、両者合わせてS/T点と呼ぶ。

S/T点で使用するケーブルは、Ethernetと同じRJ-45で、8極4芯モジュラージャックで接続される。

一見Ethernet用と同様であるがケーブルの特性が全く違い、BRIではカテゴリー2(1Mbpsの通信を想定したもの)が使われている。

このケーブルは4-5/3-6のペアで、10BASE-T100BASE-TX(1-2/3-6のペア)とは違う。また、このケーブルはツイストペアになっていないため、誤ってEthernetの配線に使用してしまうと通信エラーが頻発することになるので注意が必要である。

用語の所属
ISDN
基本インターフェイス
関連する用語
DSU
TA
TE
LI点
S点
T点
R点
INS
フレーム (データ)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club