通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

TCPコネクションスプーフィング

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術安全編 (CTSEC)
読み:ティースィーピーコネクションスプーフィング
外語:TCP connection spoofing 英語
品詞:名詞
2001/05/15 作成
2015/01/25 更新

TCPコネクションを横取りすること。TCPハイジャック、セッションハイジャック攻撃とも呼ばれる。

TCPを用いたコンピューター同士の通信における一連の通信(セッション)を、第三者が乗っとること。コネクションスプーフィングとも。

TCPでは、通信の認証にシーケンス番号を使っている。そのため、送出元(ソース)のIPアドレスポート番号とシーケンス番号が正しいものであると相手ホストに思わせることができれば(つまり正しい通信におけるそれらの値を正確に知り、偽装できれば)、TCPコネクションを横取りすることができる。

関連する用語
TCP
TCPヘッダー
IPアドレス
ポート番号

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club