通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

Teredo

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:テレード
外語:Teredo 英語
品詞:名詞
2010/12/13 作成

IPトンネリングの一つで、IPv4ネットワーク経由でカプセル化されたIPv6パケットを転送する、IPv4‐IPv6移行技術の一つ。NAT Traversalであることを特徴とする。

IPv4インターネット経由で、ユニキャストIPv6通信を実現するためのトンネリング技術の一つである。

同様の技術に「6to4」があるが、こちらはグローバルIPv4アドレスが必要で、NAT配下では利用できない。対してTeredoはNAT配下でも利用できる。

IPv6への移行テクノロジーの一つとされる。

技術

IPv4 NATを通過させるために、IPv6パケットをIPv4のUDPメッセージに加工して送信する。

Teredoアドレス

RFC 4380(およびこれを更新したRFC 5991)で規定されるアドレス空間である。

このRFCでは、アドレスは「2001::/32」とされている。

  • 32ビット: Teredoプリフィックス (2001:0000)
  • 32ビット: TeredoサーバーIPv4アドレス
  • 16ビット: フラグ
  • 16ビット: ポート番号
  • 32ビット: クライアントIPv4アドレス

プリフィックス「2001::/32」がIANAから割り当てられる以前、Microsoftは「3ffe:831f::/32」を暫定的に利用していた。このためWindows XPなどでは、このアドレスが使われることがある。

用語の所属
IPトンネリング
関連する用語
IPv4
IPv6

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club