通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

6to4

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:スィックス・トゥー・フォー
外語:6to4 英語
品詞:名詞
2010/12/13 作成

IPトンネリングの一つで、IPv4ネットワーク経由でカプセル化されたIPv6パケットを転送する、IPv4‐IPv6移行技術の一つ。

IPv4グローバルアドレスを持ったホストに対して一意になるIPv6アドレスを割り当て、IPv6データグラムをカプセル化しIPv4ネットワーク越しに送受信する。

これにより、ホストが別途IPv6アドレスを持っていなくても、そしてネットワークがIPv4しかなくても、IPv6パケットを送受信できる。

6to4はグローバルアドレスが必要なためNAT配下では利用できないが、NAT配下でも使える関連技術にTeredoなどがある。

6to4アドレス

RFC 3056で、使用するアドレスは「2002::/16」と決められている。

  • 3ビット: 形式プリフィックス (001)
  • 13ビット: TLA (0x0002)
  • 32ビット: IPv4アドレス
  • 16ビット: SLA ID
  • 64ビット: インターフェイスID

結果として、「2002:IPV4ADDR::/48」というアドレスが割り当てられることになる。

概念

IPv6ホストから見ると、IPv4ネットワークは、6to4ルーター越しに巨大なTLA(2002::/16)に見える。

6to4ルーター

6to4を使うためには、6to4ルーターと呼ばれるリレールーターを経由せねばならない。

ノードはIPv6データグラムをIPv4にカプセル化してリレールーター宛に送出する。この時のパケットは、次のような特徴を持つ。

  • IPv4ヘッダー
    • 送信元IPアドレス: 送信元(自ホスト)のグローバルIPv4アドレス
    • 宛先IPアドレス: 6to4ルーターのアドレス
    • プロトコル番号: 41
  • カプセル化されたIPv6ヘッダー
    • 送信元IPアドレス: 2002:IPV4ADDR:1::1
    • 宛先IPアドレス: 宛先IPv6アドレス

ルーターはIPv4ヘッダーを外してIPv6データグラムを取り出し、IPv6上にあるホスト宛へと転送する。

相手IPv6ホストから送信元へは、相手IPv6ホストが選んだ手近な6to4ルーター経由で戻る(いわゆるホットポテトルーティング)。このため6to4では、データグラムの往復経路が異なる場合が多い。

用語の所属
IPトンネリング
関連する用語
IPv4
IPv6

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club