通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

UDPヘッダー

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:ユーディーピーヘッダー
外語:UDP header 英語
品詞:名詞
2011/08/18 更新

UDPパケットの先頭に付けられるヘッダーポート番号などを含んでいる。

目次

UDPヘッダーの構造
UDPヘッダーの構造

先頭より順番に、次の情報が格納される。

  • Source Port (送信元ポート番号) (16ビット)
  • Destination Port (宛先ポート番号) (16ビット)
  • Length (パケット長) (16ビット)
  • Checksum (チェックサム) (16ビット)

送信元ポート番号はオプションで、返答を求めないUDPパケットの場合は0を入れる。

チェックサムは、まずチェックサムフィールドを0にし、UDPヘッダーの前に疑似ヘッダーを付けて計算する。16ビット単位で1の補数の和を求め、求めた値の1の補数をチェックサムフィールドに入れる。

UDPでは、チェックサムを使用しないことも可能で、この場合はチェックサムフィールドに0を入れる。計算しない分高速になるが、UDPヘッダーのポート番号の値が壊れると他の通信に悪影響を及ぼす可能性があるため、現在のインターネットではチェックサムを利用することが推奨されている。

用語の所属
ヘッダー
UDP (プロトコル)
関連する技術
ポート番号
チェックサム
関連する用語
TCPヘッダー
IPヘッダー

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club