通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

WILLCOM CORE

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話技術編 (WTELMT)
読み:ウィルコム・コア
外語:WILLCOM CORE: WILLCOM Communication Of Revolution & Evolution 英語
品詞:商品名
2008/09/04 作成
2009/11/01 更新

WILLCOMの高速データ通信サービスのサービスブランド名。

2008(平成20)年5月26日に、WILLCOMはこの名前を発表した。

元々はXGP技術のみを指したが、後にMVNOサービスを含めたサービスの総称となった。

核となる技術「XGP」(次世代PHS)は、PHSの既存基地局約16万局を用いたマイクロセルによる通信サービスであり、MVNOなどの事業展開を想定している。

このほか、NTTドコモのFOMA網を使ったMVNOサービスなども併用し、様々なアプローチで高速データ通信サービスを提供するブランドがWILLCOM COREである。

種類

技術

  • WILLCOM CORE 3Gは繋ぎで、FOMA網を利用する。最大7.2Mbpsしか出ない。
  • WILLCOM CORE XGPが本命で、次世代PHSである。最大20Mbps以上出るとされる。

XGPは上下対称が特徴で、目標は上下ともに最大100Mbps、開始時点では20Mbpsとしている。また、新幹線でも使える300km/h(720km/hBeat)での移動に対応、市街地でも安定した実行速度を達成する、としている。

関連するリンク
http://www.willcom-inc.com/core/
用語の所属
WILLCOM
関連する用語
PHS
WILLCOM CORE XGP
WILLCOM CORE 3G

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club