通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

WPA Personal

辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:ダブリューピーエイ・パーソナル
外語:WPA home 英語
品詞:名詞
2004/02/04 作成
2009/09/12 更新

WPAのうち、家庭やSOHOで利用しやすい動作モード。

目次

この動作モードでは、WEPと同様に、手動で設定した暗号鍵を使用する。

従って、原則として全クライアントは同一の初期鍵を用いることになる。

WPA-PSKと呼ばれる128ビットの秘密鍵と48ビットの初期化ベクトルMACアドレス(48ビット)から生成した暗号鍵を用いて通信する。

大ざっぱに言えば、WEPの暗号化方式の問題点を修正した規格である。

WPA未対応の無線LAN機器であっても、ファームウェアのアップグレードなどでこれに対応できる可能性もある。

用語の所属
WPA
関連する用語
WPA-PSK
初期化ベクトル
WEP
MACアドレス

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club