通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Wake On LAN

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術上編 (CTINFO)
読み:ウェイク・オン・ラン
外語:WOL: Wake On LAN 英語
品詞:名詞
2000/06/11 作成
2012/12/22 更新

LANから電子計算機の電源を入れる技術。略称は「WOL」。

NICに対して特定のフレームを送信したり、リンクを確立したりなど、予め決めた条件を満たすことで、遠隔からの電源制御が実現される。

実現には、次の三つが必要となる。

現在では、オンボードLAN搭載のマザーボードにはこの機能が全て組み込まれており、あとはOSから設定を有効にするだけで実現可能になる場合も多い。

種類

電源投入の条件により、次のように分類される。

最も多いのは、Magic Packetを用いるWake on Magic Packetである。

Wake On WAN

Wake On "LAN"とはされているが、Magic Packet自体は下位のプロトコルに依存しないため、WAN経由、つまりインターネット越しによる制御も可能である。

LANにおいてはブロードキャストでパケットを送信することになるが、これではルーティングできない。WAN経由であれば、現実的にはUDP/IPなどを使うことになる。

但しこのためには、その機器のIPアドレスとMACアドレスの双方を管理する必要があり、あまり現実的でないのも事実である。

この解決方法として最も安全と考えられているのは、WAN経由でMagic Packetを投げるのではなく、専用の装置をLAN内に導入し、これを遠隔より制御してLAN内にMagic Packetを発行する、という方法である。

関連する用語
Magic Packet
Wake On Modem

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club